注釈民事執行法 その他財産権執行・非金銭執行仮差押・仮処分執行

注釈民事執行法 その他財産権執行 非金銭執行仮差押

Add: iceri34 - Date: 2020-12-12 14:51:06 - Views: 7245 - Clicks: 8455

動産に対する強制執行 b. 霞が関庁舎民事第21部代替執行係(民事第9部内) ただし,次に記載の執行における執行官の処分に対する執行異議の申立て (ア)動産執行 a. (民事執行法131条) 債権執行: 金銭債権・動産の引渡し請求権: ①給与債権、預金債権、貸金債権、売掛金債権、賃料債権、敷金債権等 ②裏書の禁止された有価証券(株券、社債権、手形、小切手等) ※差押禁止債権あり (民事執行法152条、その他特別法). 10 図書 その他財産権執行・非金銭執行・仮差押・仮処分執行 : 167条-180条 吉野, 衛(1931-), 三宅, 弘人, 三村, 量一 金融財政事情研究会, きんざい (発売).

7 形態: 22, 528p ; 22cm 著者名:. 目次 目次 民事手続の流れ(保全,訴訟,執行) 作成者 梶 真紀 目次 第i部 民事裁判手続について 4 1 法律の役割 4. See full list on saiken-kaisyu-law. その他財産権執行・非金銭執行・仮差押・仮処分執行 : 167条-180条. 条~65条―保全執行に. 債権という、実体を伴わない観念的なものについても差押えをすることができます。 実際、債権に対する強制執行は不動産や動産に対する強制執行に比べても成功率が高く、債権回収において重要な地位にあります。 不動産に対する強制執行は、対象となる不動産が何重にも抵当に入っていることが多いですし、動産に対する強制執行は上でも説明したように、差押えられる動産が限られてしまうのです。一方で債権は、差押える対象の債権の債務者(この債務者を「第三債務者」と呼びます。)に債権を弁済するだけの資力があればその債権額だけは回収できる可能性が高いのです。 債権に対する強制執行もまた、 差押え→換価→満足 と進んで行くので、順に手続の概要をみていきましょう。. 法 7 その他財産権執行・非金銭執行仮差押・仮処分執行. 財産分与請求権等)は、譲渡できないので差押えの対象とならない。 【参考法令・通達番号】 基通47-8 ⑸ 財産が差押禁止財産でないこと 差押えの対象となる財産は、徴収法のほか、各法律で差押えを禁止している財産以 外のものでなければならない。.

7 注釈民事執行法 / 吉野衛, 三宅弘人執筆代表 第7巻. その他の標題: 民事執行法: 主題: 司法.訴訟手続法: 注記: 監修: 香川保一 第1巻の著者: 田中康久 制作・販売: きんざい 子書誌あり: タイトルのヨミ、その他のヨミ: チュウシャク ミンジ シッコウホウ: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ミンジ シッコ. 民事執行法は、「その他の財産権」についても、原則として債権執行の手続に沿って強制執行を行うことができる旨規定しています(民事執行法167条1項)。「その他の財産権」とは、「不動産、船舶、動産及び債権以外の財産権」のことをいい、特許権や. 仮差押解放金を巡って,裁判官が非常識な判断をしたため,依頼者の権利回復に苦労したというお話です。 1 仮差押解放金というのは,仮差押えの執行の停止又は取消しを得るために債務者が供託すべき金銭のことです(民事保全法22条1項)。.

Amazonでの注釈民事執行法 7 その他財産権執行・非金銭執行仮差押・仮処分執行。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ウ 動産執行 エ 債権及びその他の財産権に対する執行 →近年,債権執行,特に預金債権に対する執行の重要性が増大( p. このサイトでは、強制執行についての記事をいくつかご紹介しています。 別の記事では、不動産に対する強制執行(差押え、換価、配当)について詳しく説明していますが、実は債務者の所有する動産や債権に対して強制執行をすることも可能なのです。 しかし動産・債権は不動産に比べて目につきにくく、登記で所有者を確認するといったわけにもいかないことがほとんどです。 それでも、債務者が不動産を所有していない場合や、所有していても債権額に満たない価値しかない場合には、動産・債権からも債権回収しなければならないでしょう。 では、動産や債権に対する強制執行はどのように行われるのでしょうか。今回の記事では、これらについて説明していきます。.

注釈民事執行法〈6〉債権執行 143条~166条. その他財産権執行・非金銭執行・仮差押・仮処分執行 : 167条-180条 Format: Book Responsibility: 吉野, 衛(1931-) ; 三宅, 弘人 ; 三村, 量一 Published: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売), 1989. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 強制執行の用語解説 - 判決などの債務名義によって確定された私人の請求権を,当事者の申立てに基づいて国家が強制力をもって実現する手続。 (1) 強制執行の種類 (a) 執行の対象を規準とする分類に,人的執行と物的執行,個別執行と一般執行,動産. 6-形態: 冊 ; 22cm 注記: 監修: 香川保一 第1巻の著者: 田中康久 制作・販売: きんざい 子書誌あり 著者名:. 本講義は民事執行法と民事保全法の2つを対象とする。 判決という形で裁判所の判断が下された、あるいは和解という形で両当事者が合意に達したにもかかわらず、その後、債務者が任意に義務を履行しない場合、債権者はどうすればよいのだろうか?. 動産引渡執行 c. 仮差押は、金銭の支払いを目的とする債権(売掛金請求権、損害賠償請求権、貸金返還請求権等が典型です)について、強制執行をすることができなくなるおそれがあるとき、又は強制執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるときに発せられます.

その他財産権執行・非金銭執行・仮差押・仮処分執行 : 167条-180条 フォーマット: 図書 責任表示: 吉野, 衛(1931-) ; 三宅, 弘人 ; 三村, 量一 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売), 1989. 動産や債権に対する強制執行について説明してきました。動産はともかく、債権に対する強制執行は一般的に成功する可能性が高いということで、今後利用する機会もあるかと思います。 動産執行にしても債権執行にしても、申立ての際には複数の書類をきちんと用意する必要があるため、プロである弁護士に依頼して確実かつ迅速に手続を進め、債権回収成功の確率をアップさせましょう。. ★民事執行の中心は、金銭債権を実現するための手続(金銭執行+担保権実行)。 民事執行法の条文も、その大半は、金銭執行とくに不動産強制競売に関するもの。 本検討会との関連では、非金銭執行が重要と思われる。しかし、非金銭執行については、. 3 形態: 25, 936p ; 22cm 著者名:. 金融財政事情研究会, きんざい (発売) 1989.

まず確認しておくと、ここでいう動産とは現金や宝石類、機械類、骨董品、有価証券、そして債務者が小売業の店舗といった店であればそこにある商品などのことを指します。 ただし、登録された自動車や登記された建設機械などは、動産でありますが動産差押えの対象外となります。これらは強制執行においては不動産に準ずるものとして、動産とは別の扱いを受けるのです(民事執行法120条や民事執行規則97条などを参照。)。 動産である家具などの生活用品についても、理論的には差押え可能なものはあります。 しかしこれらは差押え禁止の対象となる可能性が高いので、日常生活で使わないような高価な物があればそれらから差押えるのが一般的です。 また、一部の高価な動産を除いて、身の回りにある動産のほとんどは、購入され使用済みになってしまった途端に価値がぐんと下がってしまうので、債権回収の観点からはそれらを差押えても意味がないのです。 そういった価値の低い動産を差押える場合の目的は、債務者にプレッシャーをかけて弁済を間接的に強制する点にあるということがほとんどです。 さて、これらの動産に対する強制執行も、基本的な流れは不動産に対する強制執行と同じで、 差押え→換価→満足 と進んで行きます。 このそれぞれの段階について、要点を押さえていきましょう. 注釈民事執行法 その他財産権執行・非金銭執行仮差押・仮処分執行 7 Description: 22, 528p ; 22cm Series:. - その他(法律) 解決済 | 教えて!goo 注釈民事執行法 フォーマット: 図書 責任表示: 吉野衛, 三宅弘人執筆代表 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売), 1983. 第1部 民事執行法(民事執行の概要/強制執行総論/金銭執行/非金銭執行/担保権の実行としての競売等/財産開示手続)/第2部 民事保全法(民事保全の制度/保全の手続/仮差押え/仮処分/民事保全における不服申立て/担保の取消し・取戻し). 238 ) 三金銭債権の差押え 1 申立て( p. これに対抗する手段が『仮差押』や『仮処分』です。 民事保全法による手続きです。 典型例は『金銭の請求の訴訟提起前に,相手に知らせずに,不意打ち的に財産をロックする』というものです。. 動産に対する担保権実行 (イ)非金銭執行 a.

7 形態: 22, 528p ; 22cm 注記: 執筆: 三村量一ほか. その他財産権執行・非金銭執行・仮差押・仮処分執行 : 167条-180条 資料種別: 図書 責任表示: 吉野, 衛(1931-) ; 三宅, 弘人 ; 三村, 量一 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売), 1989. 239 ) 民執(民事執行法。以下同法については法名称略) 144 条,民執規 133 条, 151 条 の2. 不動産引渡執行 b. その他財産権執行・非金銭執行・仮差押・仮処分執行 : 167条-180条 (注釈民事執行法 / 吉野衛, 三宅弘人執筆代表, 第7巻) 金融財政事情研究会, きんざい (発売), 1989. 民事訴訟・非訟手訟書式の集大成! 実務に役立つ詳しい注釈! 各書式ごとに、記載上の留意点や実務上必要な事項を詳しく説明してありますので、実際の手続にすぐ役立ちます。. 債権執行 : 143条〜166条 フォーマット: 図書 責任表示: 香川保一監修 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売), 1995.

注釈民事執行法 その他財産権執行・非金銭執行仮差押・仮処分執行

email: epomo@gmail.com - phone:(543) 957-1174 x 5566

訪問看護ステーションの法則 Community care special - コミュニティケア編集部 - 初心者のためのかんたんステップアップ クラフトーン

-> 媒酌人のスピーチ - 言語生活研究会
-> 悪の管理学 続 - 川上哲治

注釈民事執行法 その他財産権執行・非金銭執行仮差押・仮処分執行 - その他財産権執行 注釈民事執行法 仮処分執行


Sitemap 1

大阪国際大和田高等学校 平成23年 - 中央大学附属高等学校