都市江戸への歴史視座 - 大石学

都市江戸への歴史視座

Add: leguhad30 - Date: 2020-11-19 14:31:39 - Views: 7795 - Clicks: 3920

『世界遺産を学ぶ―日本の文化遺産から―』(共著、東北大学出版会、年) 7. 大石学著 | 商品一覧 | 本・雑誌・コミック | HMV&BOOKS online | 1953(昭和28)年、東京都生まれ。1978年、東京学芸大学大学院教育学研究科. 『世界とつなぐ 起点としての日本列島史』(編著、清文堂出版、年) 6. 書評 竹内誠監修・大石学編『都市江戸への歴史視座--大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論』 小沢 詠美子 史潮 (59), 70-73, -05. Amazonで大石 学のシリーズ江戸学 江戸のうんちく 社会と生活 (角川ソフィア文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。.

★この商品は【バーゲンブック】です。★商品名: 都市江戸への歴史視座検索キーワード: バーゲンブック 新品 特価 格安 大石 学 編名著出版 歴史 地理 文化 日本史 評伝 日本 江戸 東京商品基本情報: 著者/出版社:大石 学 編名著出版/大石 学 編名著出版 初版発行日: サイズ:A5判. 「合評会 東アジア共同歴史教材をめぐって」参加記: 書 評: 木下光生: 藪田貫著『近世大坂地域の史的研究』 新刊紹介: 黒田慶一: 白峰旬著『幕府権力と城郭統制-修築・監察の実態-』 谷口眞子: 大石学著『元禄時代と赤穂事件』 年度大会・総会の記録. 井上 瑠菜 Inoue Runa. 野本 禎司 Nomoto Teiji.

このときの幕閣は老中が酒井忠清(老中首座)、松平信綱、阿部忠秋の三名、将軍家綱の輔佐役である大政参与として保科正之、井伊直孝の二名、ほかに元大老の酒井忠勝が重きをなしている。特に中心的役割を担ったのが松平信綱であった。 火災発生直後、江戸城本丸の焼失にともない、将軍家綱以下幕閣は西の丸に移ったが、この際老中松平信綱の指揮で大奥の女中を移動させるとき、避難がスムーズに進むよう本丸から西の丸へ至る各部屋の畳を一畳ずつ裏返して目印にして経路を示し、女中たちは迷うこと無く避難が出来たという。 その後も江戸城は火の手が止まず、将軍家綱に対し酒井忠勝は自身の別荘へ、松平信綱は東叡山へ、井伊直孝は赤坂への避難を薦めたが、阿部忠秋は御所に火が移っても庭の空き地に避難が可能であることなどの理由から軽々しく城外へ動くべきではないと主張、これを家綱も入れて西の丸に留まり指揮を執った。 大火の翌日、信綱は関東中に大火で江戸城が焼失したが問題ないこと、気にせず耕作に励むことなどの触れを出し、同時に使者を大坂へ使わして道中各所で将軍の無事を告げてまわり、同時に将軍安泰を告げる飛脚を京都・奈良・長崎などを始め. 『通説を見直す―16~19世紀の日本―』(編著、清文堂出版、年) 4. 「文政・天保期の幕政」(『岩波講座日本歴史14 近世5』岩波書店、年) 3. 〔書評〕竹内誠監修・大石学編『都市江戸への歴史視座―大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論―』 その他 : 年10月 - 現在 : 6: 伊東甲子太郎―深川の道場主から新選組幹部へ― その他 : 年09月 - 現在 : 7.

『歴史探訪 関山街道を歩く』(監修、東北建設協会、年) 8. 都市江戸への歴史視座 大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論 ¥ 1,500 (送料:¥250~) 竹内誠 監修 ; 大石学 編 、名著出版 、 、210p. 小泉 雅弘「竹内誠監修・大石学編『都市江戸への歴史視座-大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論』」 【月例会報告要旨】 浦井 祥子「時の鐘の管理・運営をめぐる諸問題-江戸の時の鐘を中心として-」. 近世首都論 都市江戸の機能と性格 大石 学 編 (東京学芸大学教授/1953年生まれ) 年11月刊 A5判・550頁・上製本・カバー装. 東京都生まれ。都立上野高校を経て、1976年東京学芸大学社会科卒業、同大学院修士課程修了。竹内誠に師事。1982年筑波大学大学院博士課程単位取得満期退学、1987年名城大学専任講師、1989年助教授、1997年東京学芸大学助教授、のち教授。 元禄・享保時代が専門だが、NHK大河ドラマ(『新選組!

【バーゲン本】都市江戸への歴史視座 - 大石 学 編 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 「近世における銀主と領主」(『日本史研究』第664号、年) 4. 大石 学 編名著出版 歴史 地理 文化 日本史 評伝 日本 江戸 東京。都市江戸への歴史視座/バーゲンブック大石 学 編名著.

本書は、地名をもとに100万都市・江戸の町の誕生と成長にアプローチ。 第1部では、幕府の都市づくり政策を概観――。番町、寺社地、町人地、鷹場はいかに造られたのか。. See full list on uehiro-tohoku. 『屎尿をめぐる近世社会―大坂地域の農村と都市―』(清文堂出版、年) 8.

古文書の調査・写真撮影・翻刻、講座運営の補助など、毎週月曜・木曜日に作業をしております。 月曜日(竹内・菅沼・佐々木・後藤) 木曜日(阿部・竹内・後藤・髙橋). 竹村 誠 竹内誠監修・大石学編『都市江戸への歴史視座-大江戸八百八町展・武家拝領地・ 江戸首都論-』 年度史学会大会委員会報告 年度院生ワーキンググループ 象徴天皇制を考える-試みとしての授業案- 彙報. 竹内誠編『徳川幕府と巨大都市江戸』 白井哲哉著『日本近世地誌編纂史研究』 富澤達三著『錦絵のちから』 竹内誠監修・大石学編『都市江戸への歴史視座』.

「江戸時代における国家官僚=旗本家の特権構造」(荒武賢一朗編『近世史研究と現代社会―歴史研究から現代社会を考える―』清文堂出版、年) 7. 『近世地域史フォーラム3 地域社会とリーダーたち』(共編著、吉川弘文館、年) 10. 内容 『小学館版 江戸時代新聞』著者:大石学(東京学芸大学教授)出版:小学館定価: 2200円+税【著者紹介】大石 学(おおいし まなぶ、1953年10月13日 - )は、日本近世史学者、東京学芸大学名誉教授・特任教授。 『都市江戸への歴史視座 大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論 』大石学、竹内誠(名著出版) /12 ¥3,360 『新選組 「最後の武士」の実像 中公新書 』大石学(中央公論新社) /11 ¥966. 『日本の歴史12 開国への道』(小学館、年) 9. Pontaポイント使えます! 都市江戸への歴史視座 - 大石学 | 都市江戸への歴史視座 大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論 | 大石学著 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. See full list on call-of-history. 竹内誠・監修/大石学・編 定価(本体3200円+税) 本書は、江戸開府400年を機に、江戸東京博物館で開催された「大江戸八百八町」展、の展示意図・批評をはじめ都市江戸をめぐる諸問題を多角的視野から討議した東京学芸大学近世史研究会・立正大学大学院近世史ゼミとの合同研究会の都市.

「天保期旗本家の知行所支配と『在役』―一五〇〇石牧野家を事例に―」(『埼玉地方史』第73号、年) 2. 『東日本大震災を分析する 1・2』(共編著、明石書店、年) 6. 「東日本大震災と歴史の見方」(『歴史学研究』884、年) 7. 『戦国日本と大航海時代―秀吉・家康・政宗の外交戦略』(中公新書、年) 2. 「近世後期旗本家用人の就任過程―江戸‐周辺地域論の視座から―」(大石学編『近世首都論―都市江戸の機能と性格』岩田書院、年) 4. 都市江戸への歴史視座 大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論(編 名著出版 年) 大江戸まるわかり事典(編 時事通信社 年) 近世藩制・藩校大事典(吉川弘文館 年) 知っておきたい江戸の常識 事件と人物(角川文庫 年). 専門:日本近世史(経済交流史・市場論・都市論) 主な著作・論文: 1.

荒武 賢一朗 Aratake Ken-ichiro. 「近世後期旗本家家臣団の再生産構造」(『関東近世史研究』第70号、年) 6. 専門:日本近世史(近世領主論・地域政治史) 主な著作・論文: 1. 『近世日本の交通と地域経済』(清文堂、1997年) 11. 「出羽国村山郡幕府領村役人の江戸廻米構想」(荒武賢一朗編『東北からみえる近世・近現代―さまざまな視点から豊かな歴史像へ』岩田書院、年) 3.

『東北からみえる近世・近現代―さまざまな視点から豊かな歴史像へ―』(編著、岩田書院、年) 5. 平川 新 Hirakawa Arata. See full list on wpedia. 『Public Goods Provision in the Early Modern Economy : Comparative Perspectives From Japan, China, and Europe』(共著、University of California Press、年) 3. | 大石学著の商品、最新情報が満載!. 都市江戸への歴史視座/バーゲンブック大石 学 編名著出版 歴史 地理 文化 日本史 評伝 日本 江戸 東京ならYahoo. 『江戸時代の政治と地域社会 1・2』(編著、清文堂出版、年) 5.

当時の消防組織として大名火消がある。寛永六年(1629)に設置された奉書火消は将軍の命令に基づき大名を非常招集して消化にあたらせるものだったが、実効性に薄く、寛永二十年(1643)、譜代十六大名を四組ごとに編成し、一万石毎に30名、一組420名の火消しを出して消防活動にあたらせる大名火消が創設、のちに十大名三組に縮小された。 一方町人の消防組織としては、慶安元年(1648)、火災発生時に火元の町人が全員参加で消火活動にあたらせること、不参加者は罰金とすること、二時間交替の夜番を設けること、町役人による見回りなどの「駆付火消」が定められ、承応二年(1653)、各家庭手桶に水を汲んで軒に吊るすこと、はしごを用意しておくことなどが命じられていた。 以上のような大名火消と町人の自治的な消防活動が当時の基本的な消防組織だったが、大名火消は江戸城周辺と武家屋敷以外の火災には積極的ではなく、町人による自治的活動にも限界があり、建物の構造的な問題もあって、火災に対して脆弱な体制に留まっていた。この脆弱性が明暦の大火の際に火災被害を大規模なものとした要因の一つである。. 』『篤姫』『龍馬伝』『八重の桜』『花燃ゆ』)等の時代考証を担当。年、時代考証学会を設立、現在同会会長。 研究・活動の方向性が似ているが、大石慎三郎の親族ではない。慶應義塾大学教授の社会学者・大石裕は実弟である。. 『近世日本の貧困と医療』(編著、古今書院、年) 2.

【最安値 3,520円(税込)】(10/16時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:トシ エド エノ レキシ シザ オオエド ハッピャク ヤチョウテン ブケ ハイリョウチ エド|著者名:大石学、竹内誠|著者名カナ:オオイシ,マナブ、タケウチ,マコト|発行者. 専門:日本美術史 研究テーマ: 蠣崎波響と《夷酋列像》―図像と画面形式の分析― 《夷酋列像》は寛政2年(1790)、松前藩家老であり画人でもある蠣崎波響によって描かれた絵画作品である。当作品は蝦夷地で起きたアイヌ蜂起、クナシリ・メナシの戦いで松前藩に協力した功績ある有力者アイヌ12人の肖像であり、人物が小さな各画面に緻密かつ色鮮やかに描かれていることが特徴である。光格天皇に鑑賞されるなど、この絵が当時社会に及ぼした影響は大きい。なぜ小さなこの絵がそこまでの影響力をもったのか。絵画を通して波響が表現しようとしたものは何か。私の研究は描かれた人物像や画面形式など、画面上から《夷酋列像》の本質を明らかにしようとするものである。 E-mail:runa. 都市江戸への歴史視座 : 大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論 大石学編 名著出版,. 専門:江戸時代史、歴史資料保存学 主な著作・論文: 1. Amazonで誠, 竹内, 学, 大石の都市江戸への歴史視座―大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論。アマゾンならポイント還元本が多数。誠, 竹内, 学, 大石作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

5トン)、2月12日まで続けられ六千石(約900トン)使われた。また保科正之により浅草の米蔵の焼け米が被災者に放出された。幕府は火災直後からの米価騰貴対策のため、二十一日、価格上限を定めるとともに、二十四日には紀伊和歌山藩から献上された千俵の米を安価で販売、一方で信綱は旗本に時価の倍にして金を渡したため、諸国から利益を求めて米が大量に搬送され、被災者に食料を大量に供給することができた。 また大火後、材木相場が急騰したことから幕府は、江戸城再建の三年延期、江戸復興のための材木は天領からまかない民間から買い上げないこと、大名屋敷再建の優先順位を下げるという噂を流し、あわてた材木商たちが材木を手放したため材木相場が急落したという。これには、大火後の一月二十六日に寒波が江戸を襲い大雪となって凍死者が続出したことで、家屋再建のための材木調達が急務となっていたことも背景となっている。この材木相場で大儲けした人物として、豪商河村瑞賢が名高い。. 都市江戸への歴史視座 - 大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論 - 大石学 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 『紛争と世論 近世民衆の政治参加』(東京大学出版会、1996年) 12. 「天保九年、出羽国村山郡幕領の江戸廻米と郡中惣代―山家村山口三右衛門の政治的活動―」(渡辺尚志編『東北の村の近世』東京堂出版、年) 5.

大石 学(おおいし まなぶ、1953年10月13日 - )は、日本近世史学者、東京学芸大学名誉教授・特任教授。目次1 人物・略歴2. 竹内誠監修・大石学編『都市江戸への歴史視座 -大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論-』(石山秀和) (彙 報) 第97号(年3月30日刊行) (論 考) イギリス繊維工業史の社会史的研究. 『日本史学のフロンティア1―歴史の時空を問い直す―』(共編著、法政大学出版局、年) 9. 所属 (現在):東京学芸大学,教育学部,名誉教授, 研究分野:日本史,日本史,教科教育, キーワード:歴史教育,日韓関係史,歴史認識,国際研究者交流,韓国,歴史教科書,history education,japan-korea relation history,history recognition,international exchange of investigators, 研究課題数:6, 研究成果数:1.

都市江戸への歴史視座 - 大石学

email: habocosu@gmail.com - phone:(799) 732-5696 x 8218

ブーニン作品集 - イワン・アレクセーエヴィチ ブーニン - 小沼直樹 地球化学に魅せられて

-> 無理せず会社をたたむ法 - 萩原栄
-> アザーズ - アレハンドロ・アメナーバル

都市江戸への歴史視座 - 大石学 - 加藤邦宏 赤字撃退講座


Sitemap 1

ディケンズとディナーを - セドリック・ディケンズ - 百年戦争のフランス軍 デヴィッド